読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金融政策の限界

(久々のアップです)

基本的に、個人がお金を使ってモノやサービスを買うことで景気は良くなっていく。f:id:beatle_hat:20160911175414j:plain

財政政策と金融政策の違いは下のとおり。個人や企業に直接的に働きかける財政政策の効果は大きい。

f:id:beatle_hat:20160911211235j:plain

 

 金融緩和では、銀行に現金が積み上がるが、企業・個人までは回らない。

アベノミクスで実施した政策は次のとおり。

金利が下がったからといって、個人が住宅ローンを増やしたり、企業が投資の借り入れを増やす明確な傾向は見られない。逆に今の借り入れの借り替えが起こり、銀行の収益を圧迫した。(銀行にお金がたまっている状態だ。)

f:id:beatle_hat:20160911211803j:plain

 なお、マネタリーベースが増えたのにマネーストックが増えていないのは、次の図を見れば分かると思います(個人・企業に行きわたっていない)。

しかし、日銀の金融緩和の総括はどういう結果になるのでしょうね。

f:id:beatle_hat:20160911213312j:plain

(参考)